トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  通小町:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

修行の僧のもとに深草少将と小野小町の亡霊が現れる。亡霊となってなおも袂にすがる、深草少将の想いを、小町は振りほどく。
梅若恭行、梅若靖記
小町は深草少将に、百夜通えば想いを受けると請合った。弔いを受けたい女に、煩悩のまますがる男となって、今は共に涙する。
金春晃実、金春穂高
僧の前で、ふたりは百夜通いを再現する。人目を憚る小町に、牛車での訪問を禁じられた深草少将は、蓑笠の風体で闇を往来する。
金春晃実
月夜ばかりではない。袖の雪を払うこともあった。雨に打たれる闇夜に笠を見失い、鬼に喰われるかとも思った。
狩野丹秀
小町が待っていたのは、私ではなく、月であったのだろう。偽りの言葉が身にしみる。
観世元昭
刻んだ日にちを数えれば、ああ、九十九夜。あと一夜。身ずまいを整えて立つ深草少将はどのような日を迎えたのか。
清水寛二

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.