トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  半蔀:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

京都・北山の雲林院に住む僧がひとり、ひと夏の修行を終え、立花供養を執り行っていた。
鏑木岑男、他
花の陰から不思議な女が現れ、夕顔の白い花を手向けた。名を問う僧に、光源氏と恋を語らった夕顔の化身であると仄めかす。
梅若晋矢
僧は五条あたりに、夕顔の旧居、荒屋敷を訪ねる。弔いの後、まどろみながら夢待ちをすれば、半蔀の内に女の影。
友枝昭世
それは、夕顔の霊。
和島富太郎
在りし日の光源氏との逢瀬を懐かしみ、舞の袖を翻す。
内田安信
手折って捧げた夕顔の花を、つくづくとご覧になったことも。
梅若六郎
この宿に親しまれて、主人の夕顔に捧げる歌一首を詠じられたこともあった、と。
香川靖嗣
静かに思いを綴る舞姿。
大坪十喜雄
東雲に夜明けの兆しが差す前に。夕顔は半蔀の内へ帰り、そのまま僧の一夜の夢と化していった。
香川靖嗣
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.