トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  天鼓:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

天から降った鼓を持つ少年・天鼓は皇帝の命に背き、呂水の河に沈められる。内裏に召された鼓は鳴らず、父・王伯が呼び出された。
若松健史、鏑木岑男、他
鼓を打てと命じられた王伯は、鳴るはずもないと諦めた様子。罰による死を覚悟し、亡き天鼓への情愛を隠さず露にする。
山本順之
勅使に早く鼓を打つよう促され、立ち上がった王伯。夕月に照らされた宮殿を歩む姿は弱々しく、薄氷を踏むようであった。
友枝昭世
天鼓の形見の鼓。危うい心のまま打てば、人の心を打つ妙なる声が響き出す。それは皇帝の涙すら誘った。
遠藤六郎
皇帝が呂水のほとりで、天鼓を弔う管弦講を催せば、嬉々として天鼓の亡霊が現れた。皇帝の命に応じ、懐かしの鼓を打つ。
津村礼次郎
天人、菩薩も訪れたかのような気配のなか、あたりに満ちる管弦の声々、滔々たる河水の流れと調和して、天界の妙音が鳴り響いた。
橋岡久馬
そして天鼓は、遊舞の楽に浸る。
山本順之
折りしも秋。牽牛・織姫の星々も相逢う、涼やかな月光降り注ぐ空の下、呂水に浮かび、夜半楽に興じるのは天鼓。
辻井八郎
明け白む時を知らせる鼓の声がした。うつつとも、夢ともつかない夜遊の舞いも、やがて幻へ。
桜間右陣
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.