トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  熊野:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

平家の公達、平宗盛の愛人、熊野(ゆや)は、侍女・朝顔の届けた手紙で、故郷に残した母の病の深刻さを知る。
友枝喜久夫
手紙に託された思いを宗盛に訴え、暇を願う。
宝生弥一、他
今生の別れの前に一度なりとも会いたい。母の哀願は熊野の切迫した願い。思いを込めて手紙を読み上げた。
富田雅子
母の身を案じる思いの深さが、涙となって押し寄せる。
富田雅子、三吉徹子
宗盛は熊野の帰郷を許さず、花見をすれば慰めになるだろうと、牛車に乗るよう強いた。
渡辺三郎、森茂好
気乗りしないままに、色めく春の清水寺界隈に出かける。
浅見真高、西村高夫、工藤和哉、他
そこは花盛りの九重の都。人々は皆、華やいだ衣装に身を包み、明るく楽しげである。
片山九郎右ヱ門
けれど熊野の心は塞ぐばかり。何を観ても母の身が案じられ、憂いは胸に迫る。
観世喜之
酒宴半ば、落ちかかる村雨が花を散らした。
関根祥六、武田宗和
散る花が、母の身の上と重なって、そのままに捨て置けず、受け止める熊野。
松野恭幸
熊野の優しく強い思いは、宗盛の心を溶かす。やがて許され故郷へ、東路をたどる。
大村定
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.