トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  高砂:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

初春の頃。九州阿蘇神社の神主である友成は、都への旅の途上、播州高砂の浦を訪れた。
宮島・厳島神社
入相の鐘が響く夕べ。春風のなかに、清らかな雰囲気の老翁と姥が、相伴って現れた。
武田喜永、登坂武雄
松の木陰を掃き清める老夫婦に、友成は名跡・高砂の松を尋ねた。
山井綱雄、金春信高、他
老夫婦は、ここ高砂と、海を隔てた住吉の、それぞれの松を「相生の松」と呼ぶ謂われを語る。
観世清和
老翁は、常緑に栄える松を称え、今の世、和歌の道の栄えに連なるめでたさの由緒を深く語っていく。
梅若万三郎
落葉を集めてみせながら、「松は暁の霜にも深い緑を保ち、落葉も尽きることはない」と……。
金春安明
賛美し、世を祝福する。相生の松の精であることを明かした老夫婦は、老翁の地、住吉で会おうと言って船出した。
粟谷菊生、他
後を追って住吉に来た友成の前に、青壮の男体の姿で、住吉明神が現れる。
金春欣三
月澄む春の夜半、霊験を現して、清々しく神舞を舞う住吉明神。
浅見真州
袖を翻すたびに、あたりに清浄な気が満ちて、彼方へ広がっていく。
宇高通成 宮島・厳島神社
舞の手で悪魔を払い除け、千秋楽、万歳楽を舞っては、人々の長寿を導き、幸福を招き寄せる。
清水寛二
舞とともに吹き抜ける松風の、颯爽とした声を楽しむ。
香川靖嗣
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.