トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  羽衣:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

松の枝に残されたその衣は世にも美しく、素朴で無骨な漁師、白龍の心をとらえて離さなかった。思わず取って、持ち帰る。
宝生閑
羽衣を奪われた天女の姿は、頼りなく、はかなげで、あまりにもいたわしい。
観世喜之
返し給えと請う天女の優しい声も、白龍には響かない。力なく、天女は彼方の空を懐かしむのみ。
逸見漢子、鏑木岑男
天女の素直で美しく、偽りのない心に触れ、白龍は自らを恥じる。返された衣を着す天女が、神々しい姿を現した。
津村礼次郎
凛と舞う天女の姿が、春爛漫の三保の松原を彩る。
津村礼次郎
月の宮の有様を奏でる羽衣の袖は、あらゆる舞いの手を宿すよう。
観世喜之
満月の輝きの中、風に衣をたなびかせ、やがて天女は空の彼方、月の宮へ。
津村礼次郎
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.