トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  土蜘蛛:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

病床に伏す源頼光のもとを、夜半に訪ねる僧一人。「清らかな月も夜半には雲に隠れる」と、謎めいた言葉を語る。
金春安明
頼光に容態を問うた後、僧は古今集の歌を引き、自らの正体をほのめかす。頼光は、間一髪、土蜘蛛の化身であると察知して…
塩津哲生、粟谷能夫
土蜘蛛の化身が糸を投げかけたその瞬間であった。枕元の名刀「膝丸」が抜かれ、一閃、また一閃。
長島茂
逃げ足早く去ろうとするところ。足踏みする暇もなく太刀を浴びた化け物は、血を流し、そのまま姿を消して、見えなくなった。
内田安信
駆けつけた家来の一人武者に、頼光は事の顛末を物語る。威力を見せた名刀「膝丸」は「蜘切」の名を戴いた。
宝生閑、粟谷能夫
一人武者ら、追手が血の跡をたどった先に現れたのは、蜘蛛の巣のかかる塚。
高橋勇
追手の武士たちが塚を崩すと、岩陰より土蜘蛛の妖怪が姿を現した。
喜多六平太
今の世に災いをもたらしに来た、と禍々しく言い放つ。
豊嶋訓三
坂真次郎
妖怪と討伐隊の激しい戦闘が始まった。
菊地信行、鏑木岑男他
土蜘蛛の妖怪は、糸を繰り出して投げかけてくる。
清水寛二、森常好
まとわりつく糸に、一人武者らは、もはやこれまでの危機。
香川靖嗣他
それを凌ぎ、剣の光を恐れる様子を頼りに、妖怪を取り囲み、ついに討ち果たす。
内田安信、宝生閑
桜間右陣
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.