Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:安宅:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  安宅あたか あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


国立能楽堂提供:『観世座能狂言写生帖』より「安宅」
国立能楽堂提供:『観世座能狂言写生帖』より「安宅」

あらすじ
平家討伐に大功績をあげながら、兄・頼朝と不仲となった源義経は、弁慶など腹心の家臣とともに山伏の一行に身を変えて都落ちし、恩人・藤原秀衡を頼るべく、奥州平泉を目指して旅を続けていました。その話を聞きつけた頼朝は、新しい関所をもうけ偽山伏の一行を捕縛するよう命令を下します。加賀の国安宅の関もその一つで、富樫の某という者が関守を務めていました。そこに義経一行がさしかかります。

なんとしてもこの関所を通るため、弁慶は東大寺再建の寄付を募る山伏の一行だと偽ります。不審に思った富樫が、「東大寺の勧進聖(かんじんひじり)なら、勧進帳をもっているはず」と迫ると、弁慶は、間に合わせの巻物を、あたかも本物の勧進帳のように朗々と読み上げました。その気迫に、富樫は、一端は通行を許しますが、強力(ごうりき)に変装した義経を見咎めます。弁慶は、とっさの機転で、「お前のために疑われた」と義経を責め、金剛杖で打ち据えます。その迫力に押された富樫は、通行を許します。

やっとのことで関を通った一行の前に、富樫が追ってきて、非礼を詫び、酒宴となります。弁慶は、富樫の罠か、と疑いながら、座興に延年の舞を舞い、心を許さずに暇を告げ、一向は陸奥へ落ち延びていくのでした。

みどころ
「安宅」は、時系列で物語が進む「現在能」の代表作です。主従12人が偽山伏に扮して都を逃れて行きますが、一行を束ねる役割が弁慶で、主君の義経に扮するのは子方です。

この曲の最大の見せ場は、関所での富樫と弁慶との対決です。弁慶の勧進帳の朗読から義経殴打、山伏一同と富樫主従とのにらみ合いと、息もつかせぬ展開です。さらに、三読物の一つとされる勧進帳は、それ自体が謡の秘伝で、鼓との絶妙なせめぎ合いが面白く、聴かせ所でもあります。そして関所を無事に通過した後、義経が悲劇を語る場面もまた聴かせどころですが、そこへ、富樫が訪れ、最後には弁慶の機転と舞によって、ようやく窮地を脱することができるのです。終曲まで気の抜けない展開を、能の音楽的な面や舞踊的な面白さをも十分味わいながら、楽しめる作品です。歌舞伎十八番「勧進帳」のもとにもなっています。


演目STORY PAPER:安宅

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf安宅:ストーリーPDF:768KB
安宅PDF見本

the能ドットコムの「安宅」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって『安宅 対訳でたのしむ(竹本幹夫著 檜書店)』など、主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『安宅 対訳でたのしむ』竹本幹夫 著 檜書店
『安宅 能の友シリーズ8』川西十人 著 白竜社
『日本古典文学大系41 謡曲集 下』横道萬里雄・表章 校注 岩波書店
『新潮日本古典集成 謡曲集 上』伊藤正義 校注 新潮社
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.