トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  忠度:詳細データ あらすじ・みどころ詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


流儀 五流にあり。
分類 ニ番目物、修羅物
作者 世阿弥
題材 『平家物語』巻九
季節 春(旧暦3月)
場面 摂津国・須磨の浦
登場人物 前シテ 老人
後シテ 平忠度の亡霊
ワキ 旅僧(藤原俊成卿に仕えた人)
ワキツレ 従僧二、三人
アイ 里人
前シテ 笑尉(わらいじょう)、朝倉尉(あさくらじょう)、三光尉(さんこうじょう)
後シテ 中将(ちゅうじょう)、今若(いまわか)
装束 前シテ 尉髪、水衣、着付・無地熨斗目、腰帯、扇、杖、木の葉
後シテ 黒垂、梨打烏帽子、白鉢巻、長絹[単法被(ひとえはっぴ)]、着付・厚板[着付・唐織、着付・縫箔]、白大口[色大口]、腰帯、太刀、扇、矢(短冊付け)
ワキ 角帽子、水衣、着付・無地熨斗目、腰帯、数珠、扇
ワキツレ ワキと同様
アイ 狂言上下(かみしも)
場数 二場
上演時間 約1時間40分

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.